!


2011.12月24日
クリスマス パーティー!!


subtitle 今年もありがとう!!



見た人は必ず何か掲示板に書き込む事!
わかった?そこのあなた!そう君!君!
たのむで〜ほんま!


だれ?

おぉ〜! 旨そう!
山政商店提供のデラックスケーキ
年に1回しかお目にかかれません
いつもありがとうやで!
結構来てくれましたねぇ〜! もう一回っと!
社長の乾杯で!
これコーヒーです!
ロウソクを立ててっと 火を点けてっと
今回オードブルの写真がありませんが
いつも写真中央のS川さんが
買ってくれます。
ありがとうさんです。
何か拝んでる人が。。。 今度は手を上げて。。。
ツバを吐きかけています!!
ひどいヤツです!
火を消してるのね! 右の手が。。。
りえちゃん登場! ケーキを切断してます。 自分不器用ですから。。。失笑
子供が不安顔で見てます。 こ、これは!? はまちゃんがコーラの点数集めて
送ったら当たったらしいです
すごい!!
わいわい クラッカー はい!回収!回収!
マーチン作品です。 いじめ。。。では。。ありません。 本人結構楽しんでるみたいです!
左の人誰?
何か自然すぎて。。。
本日この人Iさん
誕生日でしたのでおにぎりせんべい
を贈呈させていただきました。笑
集合写真撮るの忘れた。。。
大人のペアルック!!
おまけ。。。。クリスマス気分をぶち壊しにするXmasに関する雑学

クリスマスはキリストの誕生日じゃない

もともとは妖精サイズのサンタクロースを、等身大のサイズに拡大したのは米コカコーラ社の宣伝部だったのです。
コカコーラ社は、同社のイメージカラーである「赤」をサンタクロースの衣服に重ね、
サンタクロースがコカコーラを飲んでいるイメージのポスターや広告を大量に作成して、ブランドイメージの浸透を図ったのです。

クリスマスにケーキを食べる習慣は不二家の戦略だった

不二家が1922年(大正11年)頃から広めたものだそうです。90年前から日本でもクリスマスケーキケーキがあったんですね

Christmasを「X'mas」と表記するのは間違い

日本ではアポストロフィを付けて X'mas と表記される事が多いが、英語圏の国でこの表記が見られる事は殆ど無く、
また本来アポストロフィは省略記号の為に「X'mas」と表すのは、アポストロフィの使い方としても誤りです。
Christmasの略記は Xmas あるいは X-mas と綴ります。

クリスマス・イブの『イブ』は、『前日』という意味ではない

キリスト教においてクリスマスは12月24日の晩から25日。クリスマスイブが指すのは「日没後」のイブニング。
そうです、イブとはイブニングの略なんです。23日をクリスマスイブイブなんて言うのはもってのほか。

サンタクロースのソリを引くトナカイ、あれ全部メス。しかも8頭もいます。

オスは春に角が生え秋から冬にかけて抜け落ちます。
メスは冬に角が生え春から夏にかけて角が抜け落ちるます。なので冬にソリを引くトナカイはメスなのです。

クリスマスツリーといえばモミの木!!ではない

ヨーロッパでは『オウシュウトウヒ』という木が使われています。
この木、学名を『Picea abies』といい、モミの木の学名の属の名『Abies』と同じだったため勘違いされて日本に広まったそうです。

元々日本では12月25日は祝日だった

昭和前期までは大正天皇祭といって12/25は休日だったそうです。

メリークリスマス!の『メリー』の意味は『陽気な』という意味

笑ってお祝いしよう!世界中が陽気になれば争いごとなんてなくなりそう。毎日メリーメリーで生きていたいね。